top of page

令和5年度の最低賃金の改定について


2023年度の最低賃金に関する最新情報をお伝えします。


今年度の最低賃金は、全国の都道府県労働局に設置されている地方最低賃金審議会の答申に基づき、大幅な引上げが確定しました。


具体的には、全国加重平均額が昨年度から43円引上げとなり、1,004円となる見込みです。


【主なポイント】


・全国47都道府県の引上げ額は、39円から47円の間で変動しています。


・全国加重平均額の43円の引上げは、昭和53年度に目安制度が始まって以降で最高額となります。


・東京都の最高額(1,113円)と岩手県の最低額(893円)の比率は、80.2%となっており、昨年度の79.6%からの改善が見られます。


・この改定により、多くの労働者にとって待遇の向上が期待されますが、企業側にとっては賃金の上昇による経営への影響も懸念される点となります。


今後の動向に注目が集まることでしょう。


※この記事は、ChatGPT-4で生成された内容を基に作成しております。



閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page