top of page

傷病手当金制度の解説とその利用方法

更新日:2023年8月15日


皆さんは「傷病手当金」という制度をご存知でしょうか?これは、病気やケガで会社を休む必要が出た際に、被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度です。


傷病手当金は、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。この制度を利用するためには、以下の4つの条件をすべて満たす必要があります:

  1. 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること

  2. 仕事に就くことができないこと

  3. 連続する待期3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

  4. 休業した期間について給与の支払いがないこと

傷病手当金が支給される期間は、支給を開始した日から通算して1年6ヵ月です。また、支給される傷病手当金の額は、被保険者の標準報酬月額に基づいて計算されます。


しかし、注意点として、労災保険の給付対象である業務上・通勤災害によるものや、病気と見なされないもの(美容整形など)は支給対象外です。


また、傷病手当金と他の給付(出産手当金、老齢(退職)年金、障害厚生年金または障害手当金、労災保険からの休業補償給付)との関係についても理解しておくことが重要です。


詳細な手続きや制度については、全国健康保険協会のウェブサイトをご覧ください。


※この記事は、ChatGPT-4で生成された内容を基に作成しております。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page