top of page

男性の育休取得率、2022年度は17.13%


男性の育児休業取得が社会的な注目を浴びる中、2022年度の男性の育休取得率が17.13%と前年度の13.97%から微増したことが厚生労働省の「令和4年度雇用均等基本調査」により明らかになりました。


一方、女性の育休取得率は80.2%となっており、男女間のギャップは依然として大きいことが伺えます。


【目標と現状】

「こども未来戦略方針」において、2025年に公務員の育児休業取得率を85%、民間を50%とする目標が掲げられています。


さらに、2030年には公務員・民間ともに85%の取得率を目指すとされています。これらの目標に向けて、多くの取組みが進められることが期待されています。


【企業の取り組みと今後の課題】

2022年4月には、育児休業を取得しやすい雇用環境の整備や、企業における周知・意向確認が義務化されました。


しかし、今回の調査は2022年10月1日現在の状況を基にしており、育児・介護休業法の改正の効果を十分に測ることは難しい状況です。


企業としては、少子化対策の一環として、男性の育児休業取得を促進する取り組みを進めることが求められています。


この取り組みが進まない場合、多様な働き手から選ばれない企業となるリスクも考えられます。


【まとめ】

男性の育児休業取得率の向上は、社会全体の課題として取り組むべき点であり、企業、政府、そして働く男性自身が一丸となって取り組むことが求められます。


今後の動向に注目が集まることでしょう。



※この記事は、ChatGPT-4で生成された内容を基に作成しております。



閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page