年金手帳が令和4年4月1日に廃止されます



令和4年4月1日付で年金手帳が廃止され、今後、新たに年金制度に加入する被保険者は、年金手帳の代わりに基礎年金番号通知書が交付されます。


また、年金手帳を紛失したことにより再交付を希望する場合においても、基礎年金番号通知書が交付されます。


ただし、既に交付されている年金手帳はこれまでどおり使用することが可能で、既に年金手帳を所有している被保険者には、基礎年金番号通知書は交付されません。


年金手帳は、引き続き基礎年金番号を証明する書類として機能を果たしますので、大切に保管するようお願いいたします。

閲覧数:2回0件のコメント