top of page

過労死ラインに関する注意点


過労死という言葉は、近年ますます注目されています。特に2023年度、厚生労働省は「過労死ライン」を超える長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導を強化する方針を明らかにしました。この記事では、過労死ラインとは何か、そしてそれに関連する注意点を詳しく解説します。


過労死ラインとは?

過労死とは、以下のように定義されています。


①業務における過重な負荷による脳血管疾患、心臓疾患を原因とする死亡

②業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡

③死亡には至らないが、これらの脳血管疾患、心臓疾患、精神障害


さらに、過労死ラインとは、過労死と長時間労働の関連性を基に、発症直前の「危険な長時間残業の基準時間」を示すものです。具体的には以下のように定義されています。


発症前6か月:概ね45時間超/月   ⇒ 業務との関連性が徐々に高まる

発症前1か月:残業100時間超/月   ⇒ 業務と発症の関連性非常に高い

発症前2〜6か月:残業80時間超/月 ⇒ 業務と発症の関連性非常に高い


過労死ラインを超える疑念の根拠

特別条項付き36協定では、時間外労働の上限を「月100時間未満、年720時間」と設定することが可能です。しかし、この上限に近い設定をしている場合、長時間労働が常態化していると疑われる可能性が高まります。


労災申請・労働者からの申告

長時間労働が原因での労災申請や、労働者からの長時間労働に関する申告があった場合、その事業場の労働状況が厳しく調査されることが予想されます。


業種・業態による重点調査

厚生労働省は、特定の業種や業態に対する臨検調査を強化することがあります。例えば、コンビニエンスストアに対する調査が集中する年もありました。


毎日の残業時間が過労死ラインに影響

1日に4時間の残業を20日続けると、1ヶ月の残業時間が平均80時間となり、過労死ラインに達する可能性が高まります。経営者としては、意図的に長時間労働をさせているわけではなくても、日常の業務の中での細かな時間の積み重ねが、過労死ラインに影響を及ぼすことがあるのです。


まとめ

過労死ラインを超える長時間労働は、従業員の健康を害するだけでなく、事業場にとってもリスクとなります。経営者や管理職は、実質的な労働時間の把握と適切な対策を講じることが求められます。安全で健康的な職場環境を作るために、日々の労働状況の見直しを心がけましょう。


※この記事は、ChatGPT-4で生成された内容を基に生成しております。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page