top of page

労災保険と雇用保険の違いとは?


労働保険は、労働者の安全と生計を守るための国の制度であり、『労災保険(労働者災害補償保険)』と『雇用保険』の2つの保険から成り立っています。


この2つの保険は、労働者を守る目的は共有しているものの、具体的な内容や適用範囲が異なります。


1. 労災保険とは?


労災保険は、業務中や通勤中に発生した事故や病気による労働者のケガや病気を補償するための保険です。


この保険から支払われる給付には、「療養給付」「休業給付」「障害給付」「葬祭給付」「遺族給付」「介護給付」「二次健康診断等給付」などがあります。


労災保険の主な目的は、業務上のケガや病気で働けなくなった労働者の生計を支え、医療費や収入の補填を行うことです。


2. 雇用保険とは?


雇用保険は、失業や育児・介護などでの休業時に、再就職の支援や収入の補填を行うための保険です。この保険からの給付には、「求職者給付」「就職促進給付」「雇用継続給付」「教育訓練給付」などがあります。


雇用保険は、労働者だけでなく、事業所にも助成金支給などの支援を行っています。



まとめ

労働保険は、労働者の安全と生計を守るための重要な制度です。


労災保険と雇用保険は、それぞれ異なる目的と範囲で労働者を守るためのものであり、事業主や労働者はこれらの違いを理解し、適切に利用することが求められます。


※この記事は、ChatGPT-4で生成された内容を基に生成しております。

閲覧数:3回0件のコメント

コメント


bottom of page